自分で出来る申請方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、中村です。(-^□^-)

 

介護タクシーを開業するに当たり、管轄陸運局に認可申請をしなければなりません。

ほとんどの方は行政書士先生に依頼し、代理申請してもらうのが一般的です。

行政書士先生に依頼すると20~30万円が必要です。

最少資金で開業をススメる私は、もったいない金額だと申し上げています。

自分でも出来るんですから・・・

 

でも、難しいじゃないの 出来るかしら

それが出来るんです。

 

これから始める方は、何から何まで不安だらけです。

その不安を中村榮治が解消して差し上げます。

私が教える、これが私の自信です。

その証拠を私の認可されたサンプルでお見せします。 ? 私が申請した必要書類のすべてを添付資料としてお見せしています。

私の名前の欄に「あなたの名前」などを記載することも難しいですか?

それでもわからなければ、私に聞いてください。

介護タクシーをやるか、やれるか迷う前に認可を受けてみてはいかがですか?

認可が降りてから開業期限まで6ヶ月間あります。

その間の結論でもよろしいのではないですか?

認可許可書を受け取ったら

きっと一日も早く営業開始したくなること間違いナシ。

私が約束・保証します。

なぜ!?

関東運輸局管内では申請だけで認可がおりますが、

 

関西などの他運輸局は認可に関わる試験があります。

そのように今後、規制が厳しくなる環境事態が待っているからです。

【参考資料】

下記のPDFの①は必要書類のすべてです。 ? ②は「事業計画書」ですが、黒塗りしている箇所はあなたのご住所です。 ? その他はあなたの該当記入分です。

① 必要提出書類チェック用紙 (すべての必要提出書類)

② 事業計画書 (提出書類の一部サンプル)

難しいことありませんね!これを見て出来ないとは言わせません

それでもわからなかったら、いつでも問い合わせてください。

納得するまでお答えします。では・・・

介護タクシー開業無料メール講座

中村 榮治が書き下ろした介護タクシー開業法全96ページのE-BOOKを無料でお読みいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ