料金メーターの操作について

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
中村榮治です。
 
私の会員さんから料金メーターの操作方法
及び
料金設定の件でお尋ねがありました。2件とも同じ会員さんの質問です。
 
・まずは料金メーターの操作方法について
 
初めて受けた質問です。
すでに営業開始しているから
発生する質問ですので
中村へではなくメーター取り付け業者
もしくは取扱説明書での解決ではないかと思いますが
参考例として他の方にもわかるよう
了解を受けて掲載することにしました。(原文のまま)
 
Q1 

普通のタクシーの仕事をしていた友人からタクシーメーターの取り扱いについて、
支払ボタンを一度押すと時計動きを止まり、もう一度押すと動きだすと聞きました。でも動きません。
 
A1 「支払いボタン」押すことで走行+時間が止まります。再開は再度「実車ボタン」を押すことで走行+時間併用が
開始します。
 
■彼の返答
 
タクシーメーターについて、確認してみました。
 
  ●実車賃走→支払ボタン→支払ボタンでは賃走に復りません。
 
  ○実車賃走→支払ボタン→合計ボタン→実車ボタン→賃走にかえりました。
 
  ◎実車賃走→支払ボタン→実車ボタン→賃走にかえりました。
 
自分で理解していたのと違っていました。営業して1週刊目なので恥ずかしい質問をしてしまいました。お詫びします。
 
料金設定の件
Q2 
営業開始して1週間ですが、病院の相談員さんからの依頼で昨日のお客様の対応についての話です。
病院から自宅に帰り、しばらくすごして、その日の内に、入院している病院のベットに帰る行程です。
その間、途中で道の駅で20分、床屋に1時間程度、金融機関に約40分、コンビニに30分、自宅2時間くらい停車しました。走行距離は往復で100㎞です。
自分でも驚きました。中村さんの集客法を実践して初めて来た仕事です。1件の仕事で何度も乗り降りし介助しました。
こんな運行の場合、中村さんはメーターを止めることはあるのですか?いただく料金はどのようなになりますか?
すべてメーターを止めないと料金が高すぎるように思いますが。
(床屋と自宅の約3時間は、メーターを切っていました)
 
 
A2 ○○さんは
とてもいい仕事をしていますね! 
いただいたメール内容を拝見して喜んで回答します。
 
走行距離で100km
時間メーターで4時間半
 
普通車で初乗り2km700円として
一般的には 
走行距離で100km⇒約3万円
時間メーターで4時間半⇒1万5000円
くらいですが
結局
○○さんは いくらいただいたんですか?
 
 私の場合
はじめに利用者様とご相談をします。
ご乗車いただく行動時間予定を聞いた上で
メーター料金にするか?
貸切料金にするか?
同行介助は必要かどうか?
 
その上で
貸切料金以外は
スタート時点から初動設定します。
 
メーター料金は「距離+時間併用」です。
お買い物その他で数度の乗降介助があるようですが
この場合の介助料はサービスです。
 
メーター料金さえわかっていれば
それより安くいただく分にはサービスと受け止めてもらえます。
 
このような状況下で
私が担当したら
おそらく病院へ戻られるまでの貸切お手伝いとして
1万5000円でサービスするでしょう。
ちなみに、メーター料金はこうでした、と説明して・・・
■彼の返答
 
病院から床屋まで約45㎞・途中道の駅で停車    約1万円(時間・距離併用)
床屋→JAで金融手続きで停車→自宅 (5㎞・?)  約3千円(時間・距離併用)
自宅から病院約50㎞・途中でコンビニに停車     約1万円(時間・距離併用)
                  寝台迎車料金       3千円 を加え 合計2,6000円
以上です。
 料金は自分では抑えたつもりです。
 
 
中村より 
 中村式開業法の集客編で学び実践してくれた○○さんが
営業開始して1週間目だそうですが
案内していた病院からの配車予約をもらい
なんとほとんど貸切状態の仕事をされた報告に合わせ
数度の乗降介助ありで対処に迷った質問をされました。
 
 
 
 
 
 
 
 
介護タクシー開業無料メール講座

中村 榮治が書き下ろした介護タクシー開業法全96ページのE-BOOKを無料でお読みいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ