同業者もいろいろだが・・・

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

驚いた同業者もいるもんだ!

同業者だからと言っても

皆さん同じことをしなければならない規則があるでなし

自由と言われれば、それまでだが

やっていいこと

やって悪いことくらいはわかっても当たり前ではないか

何をやって悪いのかわかっていない同業者の話をしたいと思います!

 

中村式開業法では

うるさく伝えていることがあります。

それは、服装にあります。

 ①帽子

②サングラス

③マスク

④ジーパン

⑤スニーカー

これは、全部着装してはダメとするのが、中村式開業法の教えです。

なぜダメか?

私共職業は、リピーターを抱えなければならないサービス業です。

しかも、お年寄りと言うだけでなく、

一人移動が困難な不自由ばかりでなく、

通院という病人をも利用する車輛であり運行者だということです。

その病人を前にしてマスクをかけている

利用者様は何と思いますか

この方は、風邪でも引いているんではないだろうか

心配させるような介護タクシーに乗りたいと思いますか

そんな非常識な業者のリピート利用者になりたいでしょうか

お金をいただくサービス業にもかかわらず

帽子をかぶり、サングラスをかけた運転者に不快を感じないでしょうか

サービス業にもかかわらず

ジーパン、スニーカーでいいのでしょうか

このすべてを着装されている全体像を想像した時

工事現場で作業している姿に似ていると思わないでしょうか

 

 

週3回ある通院(透析)先で

いつも同時間に会う同業者がいますが、

すれ違うだけで顔合わせすることもないので

次回でいいから少し時間をもらえませんか?

私は自分から声かけし

翌日同病院で会うことにしたとき

やはり、昨日と同じ

着帽、マスク、赤ジャンパーに作業ズボン、そしてスニーカー

私が嫌うすべてを身に着いている

しかも、マスクは顎下から瞼に触れるくらいの大型マスク

サングラスでないだけで、黒縁メガネなので顔姿は全くわからず

病院ロビーにあるテーブルへ着き腰をおろし

そこで初めて双方名刺交換したが

帽子を取る訳でもなく、マスクを外すわけでもない

どんな顔しているのかもわかり知れない

私は不愉快が先に立ち

携帯電話が鳴ったことをいいことに、話す気になれなかった。

仕事の話をする気になれなかった。

実は、私共が担当している透析患者の引き渡し相談をするためだったが

気に入らず、話題にはしなかった。

その容姿が彼スタイルだとわかったからだった。

NPO法人船橋〇ア〇と看板ある軽自動車の近隣同業者だが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=GNxQNoLzO50

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護タクシー開業無料メール講座

中村 榮治が書き下ろした介護タクシー開業法全96ページのE-BOOKを無料でお読みいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ