予約受付の手順

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中村式【介護タクシー開業完全プログラム】を

公開して一年ほど経過した今

すでに300人に達しております。

その中で

中村式開業法【準備編】から申請認可を受けた方

約半数に達するすばらしいやる気が見える会員さんたちに感謝しなければなりません。

 

今日は

営業開始した方たち複数から同じ質問をいただいているタイトルの

「予約の受け方」について詳しくお伝えしたいと思います。

※あくまでも中村式であり

中村式を当社としてスタッフが利用しているアニュアル「予約の受け方」

そのまんまであることをお断りしておきます。

 

■予約受付の手順

①はい、ハッピーケア習志野です。(会社名がハッピー ケア習志野であるため)

「介護タクシー」か「訪問介護の件」かの区別を確認し、 介護タクシーの予約を確認した上で

②移送「日・時」を尋ねる

日程日時に空きがあるようであれば

③「出発」場所⇔「行き先」を尋ねる

すでにある予約状況と重ならないことを確認したら

④「車椅子」利用か「ストレッチャー」が必要かを尋ねる

・車椅子利用の場合

⑤ご自分で使用しているか、こちらで用意するのかを尋ねる

ストレチャー利用の場合、介助作業に時間がかかるので予約状況前後に問題なければ 予約を受け付ける

 

⑤それでは、お名前からお願いします。(ご利用者お名前)

⑥お迎え先「ご住所」、「電話番号」をお願いします。

(連絡者の名前、電話番号も)外出先での連絡可能なように(携帯電話番号も聞く)

⑦車椅子利用者の場合、所有しているか、用意するのかを確認する

⑧付き添い同乗者の人数を尋ねる

⑨利用者の情報を尋ねる(動けない、会話ができない、体の重軽程度など)

(※階段介助の場合は利用者の身長と体重も尋ねる)

⑩お迎え先、又は到着先の介助が必要かどうかの住環境を確認する(※重要)

⑪中村がお受けしました。ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■「利用料金」問い合わせに対して対応の仕方

【基本的計算方法】=距離×4+迎車料金

・車椅子利用者の場合=距離×4+迎車料金+乗降介助料1,000円

(例えば5kmの場合×4+普通車迎車680円+乗降介助料1,000円=3,980円)

・ストレッチャー利用の場合=距離×4+迎車料金+乗降介助料1,000円+3,000円

(5kmの場合×4+普通車迎車680円+乗降介助料1,000円+3,000円=6,980円)

・病院内介助料=介助内容により1,000円~2,000円(車椅子移譲だけなら無料)

・階段介助料=玄関2~5段は1,000円~2,000円

・2階=2,000~3,000円

・3階=3,000円~5,000円

(~という意味は体重により作業内容に違いがあるため、2人作業は2人分、  

 ストレッチャー利用の場合は3倍になることもあります)

 例1)千葉大病院まで片道いくらですか?     

 10km×4+車椅子利用の場合乗降介助料1,000円=5,680円  

 例2)築地がんセンターまで片道いくらですか?    

 35km×4+車椅子利用の場合乗降介助料1,000円+高速料1,100円=175,100円

 

■往復利用の場合

・長距離往復  

   往復ということは待ち時間があるということ  

 この待ち時間を有料にするか無料にするかにはルールはありません。

 あるとすれば時間併用料金を適用するが、初利用様 or リピーター様かにより判断する。

・基本的には1時間約3,000円が時間メーター料金であり、診察待ちでは2~3時間が一般的で     6,000~9,000円となり利用者の負担となるため一時間分の3,000円にしているのが当社。

・近距離往復  

病院などでは診察して終わるまで時間がわからないため  終わったら電話を受けて迎えに行くが基本ですが、1km~2kmならまだしも 5~10kmと中途半端距離での場合、また次の予定が近隣でない場合は待機させてもらうのが一般的当社のやり方。 その場合の料金設定は利用者ご家族(付き添い者)に丁寧な説明をしてご理解をもらうこと。

例1)私たちの車は病院や施設から呼ばられると向かわなければならない仕事なので、診察終了後に迎の電話を頂いた時、 すぐに迎えられない場合があるため長時間お待たせすることになりご迷惑をお掛けすることになることから 近くで待たせていただくことにしております。 何時間も待つかもしれませんが、メーターが動いていれば1時間3000円のところ、1000円にさせていただきますのでいかがでしょうか?

例2)あるいは 1時間3000円のところを例え2時間のお待ちでも1000円だけで結構ですから、いかがでしょうか?その方がすぐお帰りになれますので、いかがなさいますか?

※我々の車は一般タクシーと違って流しができず、予約だけで運行する仕組みの介護タクシーなので 「貸切」以外は病院等から呼ばられると向かわなければならない車であることを理解してもらうよう身に付けることです。

■定額料金の設定方法(貸切)  20km以上の運行の場合は定額料金を設定するのが当社のやり方です。  

前記の例2)築地がんセンターまでの往復を例にすると

・35km×4+車椅子利用の場合乗降介助料1,000円+高速料1,100円=175,100円 ×2(往復)=35,000円   

・東京都内往復は入口亀戸 

・都内中間を銀座新橋、

・都内奥を世田谷地域とし   

    入口25,000円往復、中間3万円、奥は3~4万円往復貸切(定額)としている。

 つまり、築地がんセンター往復定額料金制を利用してもらうと高速料+介助料込み3万円という        ことになります。    (出発場所により多少の違いあり)

※上記料金設定は普通車利用の場合であり、大型車両利用の場合は多少の違いがあります。 当社の場合 運輸局基準初乗り2km:普通車710円を⇒680円 / 大型車両750円を⇒710円にと一般より低料金に変更しております。

■介護保険対応タクシーの場合は

ケアプランがあることを確認した上で詳細を尋ねる(介護保険対応タクシーのみ)

※担当ケアマネジャーより連絡があるか、もしくは

当社から担当ケアマネジャーへ連絡し、ご利用は手続き後となる。

このような利用者は1度や2度だけのご利用ではないため、

担当ケアマネさんとご利用者様ご家族を含むに併せて、当社の三者での打ち合わせ後のご利用となります。

介護タクシー開業無料メール講座

中村 榮治が書き下ろした介護タクシー開業法全96ページのE-BOOKを無料でお読みいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ