予約の受け方③【病院 /介護事業所】編

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、中村です。

 

前回は正しい予約の受け方 【個人編】をお届けしました。

今回は、【病院 /介護事業所】? の場合をお伝えします。

 

Q. OOのケアマネのOOです。??? O月O日OOの出発ですが、空いていますか?

・病院であれば、OO病院相談員(ソーシャルワーカー)のOOですが、予約状況を知りたいんですが・・・

・配車が慣れていますから、いきなり要件に入ります。

・もしも、このような始まりでなければ「個人編」と同じスタートになります。

A。いつもありがとうございます。(確認後OKなら、)はい、大丈夫です。

・もしもダブルようだったら、運行内容により判断しなければなりません。

・受けれる判断であれば※時間調整をしますので折り返しの電話を差し上げてよろしいですか?

・その間に他者へ回す相手に連絡し確認する。 ?  待ち時間は10分程度内にすること。

・もしも連絡が取れないなど長引くようであれば、 自分が引き受けてダブリ分をどうするか後に決めれば良いでしょう。

・なぜ?!介護事業所や病院は配車担当者からの連絡なので、原則、断ってはいけません。

※私のマニュアルでは「断る怖さ」を【集客編】で教えています。

2. お待たせしました。ご利用者様の名前からお願いします。

3. 行き先をお願いします。

4. 車椅子ご利用でしょうか?

5. お迎えはお部屋でしょうか? (病院の部屋番号を聞く/施設の場合は玄関がほとんど)

6. ご同乗の方は何人様でしょうか?

7. では、内容確認させていただきます。

8. 担当様のお名前をもう一度お願いします。

・病院や介護施設の担当者は一人ではありません。 ? わかっている方の場合は別にして、必ず配車担当名を書きとめること。

・※移送終了後に必ず報告する相手だからです。 ?(連絡することの意味はマニュアル【実践編】に記載しております)

 

※病院や介護施設、介護事業所の配車?予約OKの場合にはFAX送信してくることがほとんどです。

 

今日はここまでです。 ?お役に立ちましたでしょうか。

ありがとうございました。

介護タクシー開業無料メール講座

中村 榮治が書き下ろした介護タクシー開業法全96ページのE-BOOKを無料でお読みいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ