介護タクシーは稼げるか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

◆介護タクシーは稼げるということ、お伝えします。

 

誰しも稼ぐために職を選びます。

もちろん、趣味と共存する職の選択もありますが、

一般的には稼ぐため生活のためがほとんどでしょう。

 

中には身体を使う重労働も職であり、仕事でもありますが、

「社会貢献」という名の下で稼いでいる職業もあります。

 

では「介護タクシー」はどんな位置づけでしょうか?

キーワードは「移動」「移送」です。

 

移動するために「車椅子」あるいは「ベットになるストレッチャー」が必要とする。

その媒体が「介護タクシー」です。

つまり、「介護タクシー」は「移送・移動」するため必需品というか必須媒体なのです。

 

特に、一般タクシーには乗り移れない弱者にとって 「介護タクシー」なくして移動不可能だという

前提稼業であることです。

従って、利用者は星の数ほどいる中で、どれだけの利用者を自分の範疇にするかがテーマとなります。

そして、どのような運行の仕方、どのような利用者を対象にするか、選択することができます。

 

それは、やりきれないほどの予約依頼があるから選択することが出来るのです。

私は、私に対して来る依頼を断る辛さのために多忙を極めております。

私を必要とする利用者に対し、断るなんて考えたことがありません。

それには対応するだけの環境を作っておく必要があることを覚えておかなければなりません。

 

中村はどうしているのか?

答えは重要です。会員にお伝えしております。ごめんなさい!

今日もお読みくださり、ありがとうございました。

介護タクシー開業無料メール講座

中村 榮治が書き下ろした介護タクシー開業法全96ページのE-BOOKを無料でお読みいただけます。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ